イメージ画像

本格的なボイストレーニングを わかりやすく指導。

代表である私、ささきひとえは、過去にメジャーデビューの経験があり、自らのバンド経験や、歌の仕事などを経て、ロサンゼルスにて有名アーティストたちも実践している発声メソッドを学びました。

 

どうしたらもっと自然に、そして自由に声を使い、パフォーマンス出来るのか?
という 一見、難しそうな専門分野に思うかもしれません。


実際あのマイケルジャクソンも、同じトレーニングを受けていたそうです。

 

ですが本当は、ムリなく話すように声を使って表現するという、もともとあなたの声帯の機能にも備わっている、声の有効活用という、シンプルなやり方なのです。

 

多くの方が、声帯という楽器の使い方をよく知らない為に、ちょっと(かなり?)間違った、ムリな発声をしています。 

 

自己流で歌っている方に多いのですが、ボイストレーナーでさえ間違ったやり方で指導している場合が少なくありません。

 

ですから、とりあえずそこをリセットするだけでも、見違えるように楽に声が使えるようになるんですよ。


 

さらにボーカリストとしてレベルアップを目指すのであれば、ぜひ正しいボイストレーニングを受ける事をオススメします。

 

かりにあなたがアメリカに行って、一定の期間 同じトレーニングを受けるとしたら、それに費やす時間も費用も相当なものになると思います。

 

PROVEのボイトレは、そんな専門的なトレーニングを、アメリカに行かずして、しかも日本語で、さらにあなたのレベルに応じてわかりやすく指導します。

  • 高い声の出し方がわからない。
  • 地声と裏声がうまく繋がらない。
  • 低音が響かず、出しにくい。
  • 声がすぐにかれて、喉が痛くなる。
  • 歌っていても苦しくて、体力消耗・・・声も疲れる。
  • 声量がなく、声に張りがない。バックの音に負けてしまう・・・
  • ピッチが悪く、声が揺れたりブレたりする。
  • ムダに力が入ってしまい、聴き苦しい。

など、いろいろ悩みはあると思いますが、そのひとうひとうに解決策があります。
自分の声を知ってもっと気持ち良く歌っていくために、あなたに必要なアドバイスをしていきます。


このページの先頭へ