イメージ画像

指導力が 圧倒的に違う。

ご存知のように、ボイストレーナーになるには、国家試験や特定の検定などがありません。

なので、あなたも「今日からボイストレーナーになります」と言ってしまえば、すぐになれるというワケです。

もちろん、ある程度の歌唱力や音楽経験は必要かもしれません。

ですが現状は、バンドをやっていた、音楽専門学校や大学などを卒業している・・・という肩書(?)があればOK。

大手スクールなどは、アルバイト情報の求人などで募集します。

「あとは、マニュアル通りにお願いします。」…という感じです。


それがいけないとは全く思いません。

アルバイトと言っても、そこからトレーナーも多くを学ぶでしょうし、同じ目線で楽しくレッスンしながらキャリアを積んでいけるので、それはそれでイイと思うからです。

そして何より、声も歌も問題点も悩みも違うひとり一人に向き合って対応していくには、経験が大切です。誰もがゼロからのスタートですから。


私も若い方がいいですが(笑)、指導歴はもうすぐ20年になります。

今までにレッスンしてきた方は数千人になり、小学生から生涯学習などの高齢者まで、また、歌うどころが発声が上手く出来ないと言う方から、プロの指導まで、実に様々な方のレッスンを経験させていただきました。

私もまた、そこからたくさんのことを学ばせていただきました。


また、PROVEのインストラクターは、皆プロ・デビューの経験があり、プロフェッショナルな音楽の現場を知っています。

自らの実績を活かしたアドバイスはもちろん、しっかりしたノウハウも学んでいるので、個々に対応したレッスンも安心して任せています。

 

このページの先頭へ